Author: addminz | Date: 2014年7月25日 | Please Comment!

身体に良くないことは髪にも良くない(その1)

男性・女性に関わらず、薄毛の原因には実に様々なものがあり睡眠不足やストレスをはじめ、紫外線・喫煙・飲酒・過度なダイエット・偏食といったものがあげられます。

これらは、髪の毛だけでなく全身にとってもダメージとなるものです。

女性の場合は、スタイルを気にするあまり単品ダイエットなどに走る人もいますが、髪の栄養である蛋白質やホルモンバランスを整えるミネラルなどが不足すると、全身にとって悪いですし薄毛の原因にもなります。

慌てて薄毛シャンプーなどでケアしても、全身の状態を良くしなければ薄毛は改善できません。

また、多くの女性は肌への紫外線対策はしっかり行っているようですが、地肌や髪への紫外線対策には抜かりがある人も多いでしょう。

UVカットの帽子や日傘で髪や地肌も紫外線のダメージから守ってあげましょう。

細胞レベルで悪影響を及ぼす「光老化」が恐ろしいのは髪と地肌も同じことです。

紫外線は頭皮を乾燥させてフケやかゆみを引き起こすので、UVカットをしながら薄毛シャンプーでケアしてあげましょう。

身体に良くないことは髪にも良くない(その2)

社会進出に伴って不規則な生活や睡眠不足に陥っている女性も多い様です。

夜の22時~2時は睡眠のゴールデンタイムとも呼ばれますね。

細胞を育て身体のダメージを修復してくれる「成長ホルモン」ですが、これが最も多く分泌されるのがこの時間帯なのです。

睡眠不足が原因で薄毛になってしまった女性も、時間帯がゴールデンタイムでなくても質の良い睡眠を確保し、薄毛シャンプーを併用すれば髪へのダメージを抑えられるでしょう。

男女に関わらず身体へのダメージが大きいのが、喫煙・飲酒です。

煙草のニコチンは血管を収縮させ頭皮の血流を阻害します。

血流が悪くなると頭皮に必要な栄養が届かず髪の育成が上手くいきません。

また飲酒は度が過ぎると、肝臓を酷使するので髪に必要なケラチンの合成に悪影響があります。

女性の薄毛シャンプーの詳細

ストレスも大敵です。

ストレスは自律神経に悪影響を及ぼして血流やホルモンバランスが悪くなってしまいます。

ストレスを溜め込まず上手く発散させることで、薄毛シャンプーの効果を高めることが出来ます。